Bambino International Peschool

Bambino

ホーム → Bambinoについて

Bambinoについて

バンビーノ インターナショナル プリスクールについて

園名ロゴ

教育理念

教育目標

バンビーノについて 英語脳バイリンガルキッズ

picture1バンビーノは、創立1990年以来湘南地域で愛され今日に至って います。
英語脳を最も形成しやすい2歳~6歳の幼児期のお子さまをバイリンガルキッズにお育てする英語教育環境「英語幼稚園」です。 「聴く・話す・読む・書く」英語力の4軸、創造性、思考力、忍耐力、 発表力を身につけたバイリンガル・キッズを育成します。異なる文化背景の世界の国々の人々と相互理解・協力できる心豊かな 「小さな国際人」を育てます。子どもたちが、翔たく21世紀は人類史上 稀な「国際社会」を迎えるでしょう。バンビーノで育ったこどもたちが グローバルに活躍できる人材に育つことを夢みています。

園名・ロゴの由来 森の王子バンビーノ

ロゴ バンビーノの園名は、モンテソーリ教育「子どもの家」にちなんで名づけられました。 「バンビーノ=子どもが集う家」という意味です。モンテソーリの5感を刺激する 教育法をバンビーノでは「英語教育」にも取り入れています。 園生活では「見る・聞く・嗅ぐ・味を試す・手で触れる」など五感で体得 しながら、英語を身につけます。
ロゴは、多摩美術大学 加山又造教室卒業の女流日本画家「深澤綾之先生」にお描きいただきました。 先生は、ご自身のお子様が生まれた時の感激を思い出して「バンビーノ」のロゴをお描きになられたそうです。森の王子様が生まれて王子なので頭には冠をのせ、目は好奇心で一杯。足は細くよろよろしていて自分の足ではまだ上手く立てない。この華奢な足が太く逞しくなりしっかり立てるようになるまで、大切に見守り育てたいとの願いが込められています。みな様の愛をいっぱいいただけるように身体にはハートが書かれています。ご両親様のお子さまへの思いもきっと同じでしょう。

教育理念 世界中の国々の人々と「笑顔」で会話

picture3 人はどんな瞬間に「笑顔」を見せるのでしょうか?楽しいこと、 嬉しいこと、感動したことがあり集う人と「心」が通じ合った時に 最高の「笑顔」になるのではないでしょうか? 人種・言語・国籍が異なっていても同じです。たとえ言語が通じない 場合でも異なる文化背景の人を尊重し大切に思う互いの「心」を 分かりあえれば必ず「笑顔」に出会えます。大事なことは「自分の育つ国の文化」を知り「核」を形成することです。自分に「核」があるからこそ「異文化理解」ができると思います。 「言語」「表現力」は伝える手段「道具」です。「道具」を活用し多くの「笑顔」に出会えることを願っています。

教育目標英語力・思考力・創造力・忍耐力・発表力

picture4 ①英語力 & 英語脳
自分の考えを適切に自然に「英語表現」できる「英語脳」のバイリンガルキッズの養育を目指しています。
②思考力
「なぜ?」「どうして?」自らの好奇心が「自分の考えを持つ」つまり次のステップである創造力を生み出します。
③創造力
思考力を持った子は「自分の言葉で語りたい」「自分を表現したい」この力が「会話力」発表会やスピーチコンテストでの「発表力」を生み出します。
④忍耐力
どんなことでも長い間の修練が大切です。また、日々の生活の中でも小さな我慢が次の忍耐力に繋がり継続する力を生み出し大きな成果を導きます。
⑤発表力
日本文部省のカリキュラムに欠けているのは「人前力=プレゼンテーション力」です。バンビーノでは、幼少期からクリスマス聖劇発表会・修了式発表会・京都スピーチコンテストなどの機会をお子さまに与え「発表力」の訓練をしグローバル社会で貢献できる人材の育成をめざしています。